Powered By 画RSS
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東北関東大震災から早2週間が経とうとしていますが、依然として問題は山積み状態のようですね。


今回の地震に関して言いたいことは色々ありますが、馬鹿がこういうことに首突っ込むと余計なことしか起こらないので自重。
というわけで自分はいつも通り過ごしてます。

九州で節電しても意味ないらしいですしね。ワット数うんたらで。



以前から言っているように、現在のメインPCはMacのノートPCです。

まっく

今のスペックでも十分ですし何の不満もありませんでしたが、やはりできるならばスペックの底上げを図りたい。

というわけで、まずメモリ増設を考えてみました。


しかし、こんな薄型なんだから簡単にメモリ増設ができるはずもなく。
事実上、オプションでメモリの多いモデルを買っておかないと以降のスペックアップは不可能とのこと。
だって半田付けされてるらしいですもん・・

色々考えた結果、スペックアップを図るにはオーバークロックしかない!という結論に至りました。


CPUにはどんな状況下でも定格を維持できるようにそれなりの余裕を持って作られているらしく、その余裕を使って性能の底上げができるのです。

オーバークロックはBIOSの設定変更等で可能らしいのですが、メーカー製のPCはどうやらこの手段が使えない様子。
というわけで、オーバークロックができるフリーソフトを使って挑戦することに。

しかし、有名どころのClockGenなどを使ってみたところ、Macのマザーボードには対応してないらしく使用不可。
やはりスペックアップは不可能かと思われたそのとき、NVIDIAシステムツールのntuneというものを発見。

これは本来GPUのクロックアップに使うものらしいですが、CPUやメモリのクロックアップにも使える優れものだそうで。

早速使ってみることに。

ていかく

これがCPUの定格。
2.13Ghzです。

おーばー

オーバークロック後。
2.54Ghzまでのクロックアップに成功。
20%程度の性能アップです。

30%辺りまで上げてみましたが、PCがプツンと切れたのでここら辺が無難なところでしょう。

ほとんど知識がなく、適当に弄んだのでPCに支障を来す可能性は大きいですが、それほど頻繁にクロックアップさせる気も無いのでアバウトに。

20%のクロックアップが如何ほどの物か試すべく、ネトゲプレイ。
通常プレイではさして違いは見られませんでしたが、やはり動画撮影時には多少なりとも快適にプレイができるようになりました。
普段の使用では大きな不満はないので、動画撮影時等にオーバークロックしようかと思います。


GPUの方もオーバークロックしてみましたが、何故か逆にもっさりになったのでやめました。
おまけにCPUよりも格段にリスクが高いようですから。
メモリも同様のことができるようですが、CPUやGPUに比べると微々たる変化らしいですし、方法を調べるのもめんどくさいので挫折。



久しぶりにラテールプレイ。

モンスター図鑑なるものが実装され、皆さんがステータスの底上げをされている中、ただでさえ地雷なダークナイトはステータスの底上げはおろか、まともな装備もせずにGメンと狩りへ。

かり

久しぶりの狩りだったので慣れるまで時間がかかりました。
しかし、久しぶりの狩りは結構面白いですね。

すぐ飽きましたけど。


4人PTのあとに3人でもコロシアムに行ったんですが、狩ってる途中でザワールドが起き、仲間も道連れにしてしまいました。

しぼう

狩りの他に、色々修正が入ったらしい決闘もしてみたり。

ぱらのいあ

5次でこの威力。
なんじゃこりゃああああ

精神の暴走使ってないせいもありますが、1発確殺ではなくなったようですね。
まあこの修正が良かったのか悪かったのかは知りませんが、とりあえずもう付いて行けないことを悟りました。

他にも、低Lvの補正がすごくなってたりしてますね。
何も装備してないLv1のファイターがHP1k超えなんて。

まあそこら辺は良修正だと思います。
それでも高Lvマンセーなのは変わりなさそうですが。


そして最後に、オーバークロックもしたことですし、動画撮影してみました。
埋め込みでHD画質にしたのに何故かHD画質で再生されないので、お手数ですが高画質で見たい方は手動で360のところを720にしてください。



ステも装備も職もうんこなんでよわっちいですが勘弁。
もう1ランク上の画質に挑戦しようかと思いましたが、あまりにもエンコードに時間がかかりすぎたため断念。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。