FC2ブログ
Powered By 画RSS
分かる人には分かると思いますが、クーガー兄貴大好きです(・ω・)

今回はPvにおいての「移動速度」について考察していきます。

Pvにおいて移動速度が重要なのは言わずとも知れていることですが、それによって発生するメリット、デメリットは何なのか。


若干ブレイダー視点になってしまいますが、
一番厄介な相手、それは
「後手ガンス」
です。

こちらからの攻撃を窺い、常に後手に回る。
突っ込んでも前撃ちでダウンさせられ、攻撃をしないのであればこちらの射程外で攻撃。
相手の火力が高ければ、まずこのガンスに勝つことは不可能。
他の近接職でもまた然り。
では、如何にしてこの後手ガンスを打ち負かすのか。

後手の強みは、
「相手の攻撃を見極めてから、それに応じた対応をする」
ということです。

ということは、その見極める時間を与えさせなければいいのです。
常人の思考速度では到底追いつかないような速業で詰め寄り瞬殺する・・
まぁ、そんなことは無理にしろ、できるだけ速く行動をすることによって相手の思考時間を縮めることは可能でしょう。

そこで活躍するのが移動速度。
移動速度が縮まることで、その分相手の思考時間も縮めることができます。
人間は慣れてしまうととっさに体が反応してしまうものです。
いつもと違う攻め方をすれば相手を翻弄できること間違いなし。
そう考えると移動速度ってとっても大切ですよね。

しかし、考え方を変えればそれが仇になることも。

前述したとおり、速く行動をすることによって相手の思考時間を縮められる。ということは、逆に考えれば、こちらの思考時間も縮まるわけです。
色々な攻撃パターンを読んで攻めに入る。
それを先手で考えるのは至難の技。
その思考時間も縮めてしまうとなると、こちらにとってデメリットになってしまうことは明白。
まぁ、こちらは通常速度の相手の行動を見極めればいいので、不利になることはまず無いでしょう。

では、相手がこちらと同じスピードで行動しているのであればどうするか。
1-1=±0。どちらも同じ立場。
そういうときは・・

潔く諦めるのが一番ですよ。

今回はここら辺で。