Powered By 画RSS
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は定期メンテの日だったらしいですね。
早く帰ってきたときに限ってメンテ。世の中の常。
そして予定時刻丁度に終わる。

と思っていたんですが、どうやら4時に終わったようです。
5時に終わると思っていて悠長に構えていた自分は4時から更新しております・・
ちきしょーめー



さて、3次職実装日が日本でも決まった今、140に向けてLv上げをしている方も多いことでしょう。
自分もその一人なわけですが(・ω・)

メンテで暇だったので3次職についての情報をもう1度見直して、3次職実装後のPvについて考えておりました。


まず、銃の弱体化。

攻撃力5~10%減少、ガンプレイ座り撃ち及び前撃ち、後ろ撃ちスキルのCTが2秒から4秒に変更と、本格的な調整が入るようです。
これにより、Pvでの銃の比率は圧倒的に少なくなるんじゃないでしょうか。
まぁ、かわいいからいいじゃない。

でゅえりすと


そして、魚とモンクの3次職。

両手マスタリを前提として習得できるC.スラッシャー、ナックルマスタリを前提として習得できるC.ムーブ。
これがブレイダーとしてはとてつもなく厄介になりそうです。

魚のC.スラッシャーは、被撃モーション中に使用可能な反撃スキルで、成功時クリティカルヒットになるとのこと。
モンクのC.ムーブも同じく被撃モーション中に使用可能で、敵の攻撃を避けて無敵状態で転がる技らしいです。

被撃モーション中に使えるということは、ブレイダーのダメージ源であるハメが封印されるということです。
しかも、必要SPは1という。取らない手はない。

例えるなら、Gインパクト持ちの天麩羅と戦うようなもの。

ただでさえブレイダーにとっては戦いずらい魚とモンクに、ハメさえ封じられたらどうしましょう。(他のブレイダーさん方が戦いずらいかは分かりかねますが。)
まぁ、迅速ブレである自分は、火力が低すぎてモンクには打ち上げハメできないからあまり変わりはしないんですけどね(・ω・)
雄持ちの高火力ブレだったらモンクにも対抗できるのでしょうか。分かりませんが。

自分の立場から言うと、魚やモンクよりも銃の方が戦いやすいです。
戦いやすい銃が弱体化され人口が減る一方、苦手である魚モンクがPv向きのスキルを得て人口が多くなる。
行き先不安というかなんというか。

まぁ、CTがとてつもなく長くて1戦に2~3回ぐらいしか使えないのなら話は別ですが、人口的には確実に銃が減り、少なからず魚モンクが増える形になるでしょう。
しかも、モンクは汁派生なので体力+100という。

そんなに硬くなってどうするんだー


さて、そこで登場するのはモンクと同じ汁派生の天麩羅。

ほーりーおーだー

ホーリーオーダーはなんかごちゃごちゃしてますよね。


自分にもメインの天麩羅がいます。
こいつを140にして3次職にすれば・・

なんて妄想に至ったわけです。
というわけで、ホーリーオーダーのスキル振りを考えてみました。


Lv145 145SP+1SP+1SP+10SP=157SP

【固有】

体力強化 10SP
鉄甲 10SP
女神の手 4SP

消費SP24

【武器】
片手最上級マスタリ 35SP

ブレイク 2SP
Wブレイク 2SP
ソニックブレイド 5SP
デスブロー 5SP

ブレイクⅡ 2SP
Wブレイク 2SP
ソニックブレイドⅡ 10SP
デスブローⅡ 10SP

竹斬り 5SP
ドラゴンテール 5SP
ライジングクラッシュ 5SP
レパートクラッシュ 5SP

竹斬りⅡ 5SP
ドラゴンテールⅡ 5SP
ライジングクラッシュⅡ 10SP
レパートクラッシュⅡ 10SP

マジェスティックブルー 6SP
ルーンストライド 4SP
シールドクラッシュ 1SP

消費SP133

合計157SP

こんな感じで丁度振れました。
攻撃スキルの消費SPが減ったことで主力スキルを全てMAXにできました。
5次もSL3もあれば十分。

また、新スキルのルーンストライドは習得Lvが140なので振れるのは2まででしょう。
まぁ、振れたとしてもこれ以上振りませんけどね(・ω・)
シールドクラッシュも然り。


今回は大まかなスキル振りだけでしたので、次回はホーリーオーダーの新スキルやらなんやらのこと書きますか。
時代遅れ乙。


今回はここら辺で。
スポンサーサイト
12/14/2009    5次を使う相手。
いきなり寒くてやばい。
霧が深くてやばい。

霧が髪やら服やらについて、それが自転車漕いで起こった風に冷やされて自分の体に霜が降りた。
なんて幻想的なんでしょう。

何故か自転車パンクしてやばい。
明日からどうしましょう。



先日は珍しく11時ごろに紅PTが。

くれないかりしゅくしょう

一気にLv上げようと思ったんですが、睡魔には敵いませんでした。

狩場無し、睡魔>>>>>>>>>>>>狩りのモチベ

敵はあまりにも強大すぎた。



その後、30分イベが終わるまでPv。

vs

156ガンス。

うーん、ハメ中にMISSが出て1度もハメが成功しませんでした。
やっぱり命中詰まないといけないですかねぇ。
ちなみに、決闘での命中は68%。
十分な気もしますが、靴とストッキングに回避詰まれるだけでMISSが目立つ。

ただでさえ飛虎持ちガンスは裏が取りにくいんで、せめてハメ中のMISSぐらいは防ぎたいですね。
火力がなさ過ぎて銃ですら正面ハメできません(´・ω・)



アップロードはしたものの、ブログに載せていなかった際どい試合&負け試合だいじぇすと。

vs135じゅう
vs135じゅう2

135ガンス。

この方は有名な決闘ランカーさんですね。
ガンスには珍しい接近型で、ブレイダーにとってはうれしい相手。
のはずなんですが、なかなか裏が取れない。
立ち回りの良さが伺えますね。

起き攻め拡張もきっちり決めてくるので、ダウンすると即死です。
武器も決闘ガリと高火力なので、ガードしていてもKBされてガンガン削られてしまいました。
起き攻めが効かないのも痛い。

こういう戦い方のガンスさんは戦っていて楽しいですし、尊敬しますね。


vs115ぶれいだー

115ブレイダー。

この方は、結構前からタイマンでいい戦いをしておりました。
立ち回りがうまい。
115時代、随分張り合ってた覚えがあります。自分が。

打ち上げ回避率が高く、わざと打ち上げを誘ってくることもありいつも苦戦を強いられとていました。
また、歩きの弱刻みではなく、せあさん同様ダッシュ刻みなので多少MISSが出たとしても抜けるのが難しいです。

あちらも迅速ブレのようで足も速い。
戦いがいのあるブレイダーさんです。


vs133ぶれいだー

133ブレイダー。

この方も有名な決闘ランカーさん。
引退したと聞きましたが、少し前から見かけるようになりました。

結構動きが大雑把な印象を受けました。
打ち上げ回避もあまりしてこなく、リスキ強後の打ち上げもすんなり食らってくれました。
復帰してすぐだから鈍っているんでしょうか。

挨拶後すぐに攻撃を仕掛けてきたのは驚きました。
まぁ、挨拶したから文句は言えないんですけどね。
そういったプレイスタイルとは思ってはいましたが、いざやられると少々びっくりしますね。

まぁ、中身が同一人物だったかは判りかねますが。


vs158ぶれいだー

158ブレイダー。

立ち回り的にはそこまでうまいという印象はありませんでしたが、武器の雄を習得しているので正面ハメをされてしまいます。
最初にキルを取られたのも結構響きましたね。

ブレイダー同士の戦いは特に流れを掴むことが大事なので、最初にキルを取られると焦ってミスが目立ちます。
5次をはずしたのも痛かった。

迅速持ちのブレイダーさんと戦うと、動きが大雑把になってしまって若干ゴリ押し気味。
一番されてはいけないBA打ち上げも食らってしまう始末。
CT管理はしっかりしないとうっかり1キル取られてしまいますね。



少し前に、Lv90くらいのガンスの方と戦いました。
1回目は普通に終わったんですが、2回目以降、1度でもキルを取るとエモの爆笑を使って煽ってきました。
短気な自分は3戦目からは5次を解禁し、1キルも取られないようにしました。
試合終了後は、挨拶の語尾に^^を付けてあげました。
我ながらうざい。

自分は、基本125↓の相手には5次を使用しないんですが、あまりにも立ち回りがイラッとくる人には使います。

例えば、玄室の中央上でガン待ちしてくるガンス。ドリスも然り。
まぁ、基本的にガン待ちガン逃げの人に使いますね。
総じてガンス。

そういった人には、5次で先制を取った後同じようにガン待ち。
目には目を歯には歯を的な。
なんて大人気ない。

5次の使えない人には5次を使わないとは決めていますが、例外がないほど聖人でもないですしね。

タイマンはこういうことが多いから困りますね。
かと言って多人数戦はあまり面白くありませんし(´・ω・)

面白くないというか、弱いだけなんですけどね。


今回はここらへんで。
11/26/2009    誰得。
前回の記事の5次当てやすいランキングにマッドネスエクスプロージョン(短剣)が入っていないことに今気付きました(´・ω・)
また、コメントでトーリス・ガリー様から頂いた情報を踏まえてもう1度ランキング作り直してみました。

1位
マジェスティックブルー(片手剣)

2位
セブンサイン(ギター)

3位
デットエンド(両手剣)
インフィニティダンス(弓)
マッドネスエクスプロージョン(短剣)

4位
PARANOIA(二刀)

5位
テトラテイカー(地魔法)
セスティナ(水魔法)

6位
メギトポルテ(風魔法)

7位
百花繚乱(槍)
ジャッジメント(鈍器)

8位
ファントムバースト(拳銃)
フレイムバンガード(火魔法)

9位
スフィアレイン(石弓)

10位
テスラサテライト(MG)

デットエンドがセブンサインと同じ範囲ということで3位に格上げ。
それと同時にPARANOIAを4位に格下げ。

また、ジャッジメント(鈍器)やマッドネスエクスプロージョン(短剣)は、当たったとしても致命傷にならないということでランクを最下層ら辺まで下げようと思ったんですが、そうなると色々な条件が起因してくるので格下げ処置はしませんでした。

まぁ、「決めやすいランキング」ではなく「当てやすいランキング」ですからね。

あくまで、自分視点でのランキングですので、参考程度に。
結構回線の問題とかもありますからね。



結論から言うと、誰得。





先日は1時からIN。
正確に言うと今日ですね(・ω・)

今回もタイマン戦績。

vs159もんく

159モンクさんとの戦い。

一番当たりたくない、正面kbできないモンクさんでした。
しかし、移動速度30うpイベントが来ていたお陰で裏を取るのにそう苦労はしませんでした。
移動速度にかまけてまたまたごり押し気味に。
また、リスキ強をほとんど使っていませんでした。
モンク戦でのリスキ強は戦いの鍵となると言っても過言ではないので、もう少しリスキ強の出番を増やし、ここぞというときに使えるようになりたいですね。

まぁ、正面リスキ強でkbしないのであれば詰みですが。

vs130かぜさら

130風皿さんとの戦い。

盾持ちネコネの極回避皿さんだったのでゴールドイヤリングに命中武器を使用。
イヤリングを変えたことにより移動速度がダウンしてしまったので、結構感覚が違いました。

皿戦では距離を置かれないように左右で揺さぶる状況に持っていきたいんですが、なかなかうまく行かず。
ゴールドイヤリング時の移動速度に慣れておく必要がありますね。

また、5次スキルを単発で撃ってくる方だったので、被弾したのは初っ端5次だけでした。

やはり、メギドポルテは避けやすかったです。はい。

vs125ぶれいだー

125ブレイダーさんとの戦い。

コテンパンにやられてしまいました。
リスキ強を多用してくる方で、打ち上げのタイミングも熟知していたようです。

自分のリスキ強に対する対応力に絶望しました。
本来ならばリスキ強を打ち落として反撃するのがセオリーなんでしょうけど、タイミングがなかなか噛み合わず。
頭ではタイミングを熟知しているはずなのですが反応できない。
リスキ強の届かない範囲に逃げすかさず斬りかかるも失敗。

終始相手のペースでしたね。


リベンジしてきました。

vs125ぶれいだー2

今回は勝利。

戦いって行くうちにリスキ強を放ってくるタイミングがわかってきたので、打ち落とすことこそできませんでしたが、それなりの対応はできました。

また、1度はやってみたかった、
「空中打ち上げ」
もできたのでよかったです。

当面の目標は、リスキ強の打ち落としタイミングを体得することですね。
同職から見てもリスキ強は厄介なので、的確に潰せるようになっておきたいです。


追記でコメ返。

ついき
今日はメンテがありましたね。
どうやらメンテ時間が長かったらしく、10時間メンテだったとのこと。

そして、気になるメンテ内容と言えば・・

けいけんち20%うp

経験値20%アップイベント。
こいつの出現により、隼、格納庫、チャペルといった主要狩場は常時満員状態になること間違いなし。

Lv上げやすくても狩場無かったら意味無いだろうjk・・



少し前に、メイトスさんが記事に書いていましたが、5次スキルの発生速度を検証した方がいらっしゃったようです。

二番煎じどころの話じゃありませんが、各5次スキルの発生速度をば。

発生速度:0.3s
幻影烈雷拳(ナックル)
マジェスティックブルー(片手剣)
マッドネスエクスプロージョン(短剣)

発生速度:0.4s
PARANOIA(二刀)
デットエンド(両手剣)
セブンサイン(ギター)
テトラテイカー(地魔法)

発生速度:0.6s
百花繚乱(槍)
ジャッジメント(鈍器)
メギトポルテ(風魔法)
セスティナ(水魔法)
インフィニティダンス(弓)

発生速度:0.7s
ファントムバースト(拳銃)

発生速度:0.9s
フレイムバンガード(火魔法)

発生速度:1.0s
スフィアレイン(石弓)

発生速度:1.1s
テスラサテライト(MG)

結構驚きな感じですね。

打ち上げ確定と言われている、幻影烈雷拳(ナックル)、マジェスティックブルー(片手剣)、PARANOIA(二刀)、セブンサイン(ギター)の発生速度が違ったのはびつくり。
ということは、デットエンド(両手剣)やテトラテイカー(地魔法)も打ち上げ確定ってことですね。

あとは、百花繚乱(槍)とセスティナ(水魔法)の発生速度が同じってところも驚きでした。
百花繚乱は普通に使うと結構失敗してしまいますが、セスティナはそんな心配がないように思います。
何回か水魔さんにセスティナ使われたことあるんですが、避けられた例がありません(・ω・)

やはり、5次の当てやすさは、発生速度云々だけでなく、発生に至るまでのモーションなどに起因しているところが大きいようですね。


自分の反射神経で対応できる範囲は発生速度:0.6s までです。
しかし、先述したとおり、セスティナは避けられません。
また、インフィニティダンス(弓)も無理っぽそうですね。
あれは間違いなく5次スキルの中で一番地味。通常のスキルと見紛う勢いです(・ω・)
ジャッジメント(鈍器)はどうですかねぇ。
動画を見る限りでは避けられないこともなさそうですが。
まぁ、当たったところでどうと言う話ではないようですがね。

ファントムバースト(拳銃)は避けられる部類ではあります。
しかし、百花繚乱と比べると、どちらかと言えばファントムバーストの方が若干避けにくいかなぁって感じです。
見慣れれば普通にBDで避けられますが、不意を突かれると全然対応できませんね。
百花繚乱は不意に空中から発動されても避けられますが(・ω・)

残りのフレイムバンガード(火魔法)、スフィアレイン(石弓)、テスラサテライト(MG)は言わずと知れた当てずらい5次ですね。

どれも無駄にエフェクトがかっこよく、効果音まで付いているという安心設計。
当てられる側の配慮を十分に考慮したスキルと言っていいでしょう。

しかし、テスラサテライトはともかく、フレイムバンガード、スフィアレインは結構範囲が広いので避けきれない場合がありますね。
また、フレイムバンガードは時間差で2発目が来るので、あまりにも反応が早すぎると2回目の判定に引っかかってお陀仏になります。

この3つで当てやすい順位付けをするのであれば、

フレイムバンガード>スフィアレイン>テスラサテライト

って感じですかねぇ。
テスラサテライトは発生速度、範囲全てにおいて不遇なので、この3つの中でも群を抜いて当てずらい気がします。

自分的な5次当てやすいランキング。

1位
マジェスティックブルー(片手剣)

2位
セブンサイン(ギター)

3位
PARANOIA(二刀)
インフィニティダンス(弓)

4位
デットエンド(両手剣)

5位
テトラテイカー(地魔法)
セスティナ(水魔法)

6位
メギトポルテ(風魔法)

7位
百花繚乱(槍)
ジャッジメント(鈍器)

8位
ファントムバースト(拳銃)
フレイムバンガード(火魔法)

9位
スフィアレイン(石弓)

10位
テスラサテライト(MG)

えー、状況によって順位は変わりますが、総合的に見たらこんな感じです。
1位は言わずもがなマジェスティックブルー。
2位はセブンサイン。
PARANOIAとは発生速度も範囲も同じ程度ですが、PARANOIAは自身が移動するので妨害を受けやすい、広い範囲になればなるほど到達するのが遅くなる。
というところも考慮すると3位。
インフィニティダンスはタイマンでも多人数戦でも厄介になるのでPARANOIAと同じ。
下手するとPARANOIAよりも当てやすいかもしれません。
4位のデットエンド(両手剣)は、セブンサインとほぼ同じ感じですが、範囲が如何ほどのものか分からなかったのでこの順位。
セブンサインとほぼ同じ範囲なのであれば、セブンサインに並びますね。当たり前ですが。
5位でテトライカーとセスティナが同じな理由は、全体的な範囲はほぼ同じだと思ったからです。
メギトポルテは、多人数戦ではテトライカーを上回りますが、タイマンでは劣るということで6位。
7位は結構適当(・ω・)
8位のフレイムバンガード、ファントムバーストは総合的に見ると同じくらいだったので。
後は説明不要。


追記でコメ返。

ついき
11/24/2009    黒歴史を築く。
前回の記事での恥ずかしい記述。

明日はクリスマスイブ。
外はクリスマス一色ですね。
カップルとのエンカウント率が高すぎて血管ぶち切れ寸前です。
こちとら野郎とイブ過ごさなきゃならねぇんだよ!



あるぇー、まだ11月なんですが。
たしかに外はクリスマス一色ではあったんですが、雪が降るとかそういう時期にはほど遠い。
大勢いるカップルのせいで騙された!

イブをいっしょに過ごす野郎君に、
「明日ってクリスマスイブだよね?」
って聞いて気づきました。

その野郎君には腹を抱えて笑われました。

殴りました。

クリスマスに関心の無い自分だからこそ、平然とこんなことが書けるわけですよ。
夜中に書いたってのもありますが(・ω・)

サンタさん、私にリア充成分をください。
せめてムサイ男子クラスだけでもどうにかしてくれ。
男はうんざりだ!



先日の戦績。

vsのばらさん

のばらさんとの戦い。

スフィ装備なこともあり容易にkbが取られる状況だったので、速さを活かして裏に回り込もうと焦ってしまったのがいけませんでしたね。

中でも、強引にBDで近づこうと思ったのが間違いでした。
のばらさんはどちらかと言うと後手タイプな感じで、撃ってくるタイミングを予想してBDを使ったんですが、見事に読まれて絶妙なタイミングで座り撃ち。
起き上がりざまに拡張を食らってアボーンという場面が何回かありました。

どうも、低Lvの方と相手すると強引になってしまいますね。
相手のタイプをできるだけ早く見抜いて対処していきたいものです。

vs87ぶれさん

結構強かったLv87のブレさんとの戦い。
装備差で勝ったような感じです。

どれだけブレ戦を熟知しているか測るために、その場強を際どい位置で放ったら案の定すかさずダッシュ強で斬りかかってきました。

そこからは、結構な手練と分かり本腰を入れたんですが、裏が取りずらい事この上ない。
逆に何回も裏を取られそうになりました。
あまりリスキ強を使うタイプではありませんでしたが、ブレ戦のノウハウを理解していたので強かったです。

今回の戦いでの課題は、裏を取られたときの対応を即座にすることです。
ブレ同士の戦いをしたことがある方なら分かると思いますが、同じ職同士なので打ち上げのチャンスがどういったときなのかはある程度分かります。
なので、わざと打ち上げのチャンスを作り、移動術で脱出してから相手の打ち上げが無くなった所で攻めたりするんですが、まだまだそういった操作が粗い感じです。
時々、CT管理ができていなくて打ち上げを食らったりすることがあります。

あとは、リスキ強のタイミングですかねぇ。
リスキ強は、打ち上げ誘発のときによく使いますが、裏目に出ることがちらほらあるので気を付けたいところです。

vs128じゅう

128銃さんとの戦い。

この戦いでは、途中相手の銃さんが戦意喪失したので反省する点が・・
覚えていることと言えば、わざとらしく誤爆されたことくらいですかね。

vs146じゅう

146?の銃さんとの戦い。

この戦いは、序盤から結構こちらが流れを掴んでいた感じです。
相手のスキルを放つタイミングを予想して移動術をして裏に回ったところで打ち上げハメ。
その後、正面から打ち上げ5次。
この時点で2キル先取していたので戦いを有利に運べました。

今回の戦いでは、流れの重要さを感じることができましたね。
特に、銃戦では序盤から流れを掴むのが大事です。
最悪、ガン逃げされる可能性もありますしね。
精神的にも相手を焦らせることができますし、自分にとっても余裕ができます。

全体的な流れとしては上出来でした。
反省点は、1度起き攻めを失敗したところ、5次を1度食らったことですね。

vs148じゅう

148銃さんとの戦い。

Pv初心者のようで、裏は取りやすかったんですが、結構火力が高くkbされまくっていたのがきつかったです。
動きもいつも以上に荒削りな感じになっており、決して褒められるような内容ではありませんでした。

起き上がりざまに打ち上げをしようとして、スカしたときは自分でもフイタ。


これが全部ではありませんが、ssがこれだけしかなかったので終了。

今回はここらへんで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。